美白を保つには肌ケアが鍵になる|化粧水や美容液で正しくケア

婦人

潤いケアで健康な肌へ

ウーマン

肌の乾燥を食い止める

肌のケアはしっかりと行っているのに大人ニキビが出てしまう、という人は大勢存在しています。そんな場合、さっぱりタイプの化粧水を使いがちですが、実は保湿化粧水でしっかりと潤いを与えてあげる必要があります。肌が乾燥していると角質層のバリア機能が失われ、外的刺激を受けて肌荒れを起こしやすくなります。そのため、大人ニキビが出やすい人は、外側はオイリー肌であっても、肌の内部では水分が不足している場合が多いのです。保湿化粧水の効果を十分に取り入れるためには、まず洗顔で皮脂や毛穴の汚れをしっかり落としましょう。そのあとに保湿化粧水を肌になじませ、浸透させることが大人ニキビを改善させるための第一歩となります。大人ニキビを改善させるならば、保湿化粧水を選び、きれいに洗顔をしてから肌になじませることが大切です。

人気製品の配合成分

肌に潤いを与えるのに効果的な成分としては、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどが挙げられます。現在人気の製品にはこれらの成分が配合されていることが多く、高い効果が期待できます。コラーゲンは真皮層に存在している成分でもあり、肌の潤いをキープするのに役立ちます。ヒアルロン酸は水分をため込む強力な力を持っており、肌表面をしっかりとガードして水分を逃がしません。そして、セラミドには肌表面の角質層のバリア機能を改善し、水分を保持する力を持っています。セラミドの中でも特に有効なのが、肌内に元々存在するセラミドと同じ構造を持っているヒト型セラミドです。ヒト型セラミドにも様々な種類があるのですが、バリア機能と保湿に有効なのが、セラミド1とセラミド2です。この成分は、一般的に販売されている多くの保湿化粧水に含まれているため、成分表示を確認して選ぶと良いでしょう。