美白を保つには肌ケアが鍵になる|化粧水や美容液で正しくケア

婦人

化粧品に使われている成分

ウーマン

配合量の確認が大切

ビタミンc誘導体が配合されている美容液などは、様々なメーカーのものが登場しています。そのために商品を選ぶときには成分表示を確認することが重要で、ビタミンc誘導体の配合量が1%以下のときには注意しなければなりません。価格の安い美容液であればコストの負担を減らすことに成功できますが、有効成分の配合量があまりにも少なすぎると効果を得ることが難しくなります。また、濃度が高すぎると肌が乾燥してしまう性質を持っていますので、同時に保湿化粧品を使用する必要があります。ビタミンc誘導体が配合されている化粧水を使用した後に、保湿効果のある化粧品を使うことで相互に役割を補完することが重要です。成分表示ではビタミンc誘導体という名称は使われていませんので、成分の種類について把握しておくことも大切です。

肌に浸透する成分

ビタミンcは美肌や抗酸化作用があることで知られており、1980年代より美白成分として様々な化粧品に使用されています。従来のビタミンcであれば安定性が低いために化粧品の有効成分として使用することは難しかったですが、ビタミンc誘導体に改良することで安定化を図ることに成功しています。ビタミンc誘導体にすることで得られるメリットは、成分の安定化が可能なことの他に皮膚への浸透力を引き上げることができる点にあります。ビタミンcは皮膚に浸透しにくい特徴がありましたが、ビタミンc誘導体とすることで皮膚に馴染みやすくなり、有効成分を十分に肌に吸収できます。活性酸素を減らす働きがある有効成分ですので、メラニンを還元する働きや新陳代謝の促進などの効果を得ることができます。